Event is FINISHED

<参加無料>フューチャー・ホーム ーフィンランドと日本、新しい家庭の姿ー

第2回フィンランドセンター セミナー&ワークショップ
Description

「フューチャー・ホーム:フィンランドと日本、新しい家庭の姿」では、夫婦が仕事と家事をどのように分担し両立させるのか、未来の家庭像、そして家族像についてセミナーとワークショップを通して考えます。

フィンランドからは、ヘルシンキ大学特任教授でありフィンランド消費者研究所所長のミカ・パンツァー氏(Dr. Mika Pantzar)が初来日します。(経歴は下記の通り)
医療やバイオ技術にも精通し、また、家電製品の研究開発にも携わるパンツァー氏が、新しい技術が私たちの生活にどのような影響を及ぼすのかをフィンランドの事例を交えて紹介します。

また、日本からは、秘密結社 主夫の友CEOの堀込泰三氏をお迎えします。堀込氏は、在宅で翻訳をしながら2児を育てるワーキング・ファザーとしてAERA(No.45/10.19発行号)にも紹介されており、まさに堀込氏が実践する新しい家庭、家族についてお聞きします。

さらに、ワークショッップでは参加者も交えて未来の家庭像を考えます。
当会では、スピーカーの話を聴くだけでなく、ワークショップを通して自由闊達に新しい家庭像、家族の姿について参加者が意見を交わします。どうぞお気軽にご参加ください。
(逐語訳付き)


【スピーカー】

ミカ・パンツァーMika Pantzar Ph.D.
ヘルシンキ大学特任教授、フィンランド消費者研究所 所長
Research Professor, Consumer Society Research Centre, University of Helsinki


堀込泰三/Taizo Horikome
フリーランス翻訳者、秘密結社 主夫の友 CEO
Freelance translator
The author of Kosodate Shufu Seishun Monogatari (The Life Story of a Stay-at-home Daddy)


【プログラム】

13:30 オープニング

メリヤ・カルッピネン(フィンランドセンター所長)

13:35 プレゼンテーション

ミカ・パンツァー(ヘルシンキ大学特任教授、フィンランド消費者研究所所長)

14:05 プレゼンテーション(15分+逐語訳15分)

堀込泰三フリーランス翻訳者、秘密結社 主夫の友 CEO

14:40 ワークショップ

15:00 ディスカッション

15:50 クロージング

16:00 閉会

※プログラムは変更する場合がありますことご了承ください。


【開催概要】

開催日:2015年10月31日(土)
時 間:13時30分〜16時(開場13時)
定 員:60名
会 場:日本科学未来館 会議室
参加費:無料
主 催:フィンランドセンター


【お申し込み】

当サイトからお申し込みください。インターネットでお申し込みができない場合は、お電話にてお申し込みください。

電話番号:090-8487-4710 (フィンランドセンターセミナー事務局)

※お申し込みがない場合は入場をお断りさせて頂く場合がございますこと、ご了承ください。


【スピーカー・プロフィール】

ミカ・パンツァー
ヘルシンキ大学特任教授、フィンランド消費者研究所 所長

パンツァー氏の最近の関心分野は、スポーツ、健康福祉(デジタルヘルス革命、バイオハッカー、ボディーハッカー)などがもたらす経済効果について。さらにはビッグデータに関して、人類生理学やネトノグラフィー(Netnography:ethnography in internet(民族誌)による造語、ethnography:民族誌)といった様々な形態の巨大データ集積に対して、また、医療機器の一般商品化、サービス化にも関心がある。

パンツァー氏は、消費者調査、デザインや技術研究、経済政策のレトリック、食品や未来への研究、システム調査など多岐にわたり記事を執筆している。また、著書“Everyday life: The dynamics of social practice ”(共著:エリザベス・ショーブ、マット・ワトソン、発行:SAGA社、2012年)」もあり、革新的と称される自身のプロジェクト-Towards and integrative theory of practice(2006-2011)-の集大成といえる。

その他、代表的なものにフィンランド語による著書“Domestication of technology. From science of consumption to art of consumption”(Tammi社、1996年)があり、フィンランド政府およびフィンランド科学諮問委員会から表彰されている。また、“Future home – inventing needs for domestic appliances”(Otava社、2000年)は、広く多くの大学で利用されている。


Mika Pantzar Ph.D.
Research Professor, Consumer Society Research Centre, University of Helsinki

Dr. Mika Pantzar is acting as a research professor in the National Consumer Research Centre at the University of Helsinki. One of his current research interests focus on the economics of sport, health and wellbeing (for example the Digital Health Revolution, body tracking and biohacking). Further research interest is related to Big Data, large data sets of various forms (human physiology, netnography etc.) and consumerization of medical devices.

Dr. Pantzar has published articles widely within consumer research, design and technology studies, rhetoric of economic policy, food and future studies and systems research. He has co-authored the book Everyday life: The dynamics of social practice (SAGE, 2012) with Elizabeth Shove and Matt Watson, which was the end product of his former project called Co-production of innovations – Towards an integrative theory of practice (2006-2011). Other of his major works published in Finnish are: Domestication of technology: From science of consumption to art of consumption (Tammi, 1996), which was awarded both by the Finnish State and the Finnish Science Council. The book Future home - inventing needs for domestic appliances (Otava, 2000) is widely used in many universities.


堀込泰三
フリーランス翻訳者、秘密結社 主夫の友 CEO

在宅で翻訳をしながら2児を育てるワーキング・ファザー。大学院修了後、大手自動車メーカーで開発職に携わる。2007年の長男誕生時には2年間の育休を取得。その後、子どもと過ごす大切な時間を増やすため退職し、「子育て主夫」に転身。退職と同時に翻訳を始め、現在は「ナショナルジオグラフィック」「ライフハッカー」などのメディアで翻訳記事を執筆している。著書に『子育て主夫青春物語』(言視舎)。秘密結社主夫の友CEO。

Taizo Horikome
Freelance translator
The author of Kosodate Shufu Seishun Monogatari (The Life Story of a Stay-at-home Daddy)

Taizo Horikomi is a working-father who works from home as a translator while raising two boys. After completion of master’s degree in engineering, he started his career as an engine engineer at a large car manufacturer. When his first child was born in 2007, he took a 2-year child care leave. After that, he quit his job to be a househusband so as to increase the precious time being with his kid. He is now working form home as a freelance translator for National Geographic, Lifehacker, etc. The author of Kosodate Shufu Seishun Monogatari (The Life Story of a Stay-at-home Daddy.)


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-10-19 14:05:33
More updates
Sat Oct 31, 2015
1:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席(無料)
Venue Address
東京都江東区青海2-3-6 Japan
Directions
【電車】●新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車=徒歩約5分、「テレコムセンター駅」下車=徒歩約4分/●東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」下車=徒歩約15分【無料巡回バス】「日本科学未来館」下車【車】駐車場有り(有料)
Organizer
フィンランドセンター
173 Followers